会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

生活保護や障害者年金をもらって意外と悠々自適な物乞いジイさん

某電気街によく出没する義足のジイさんがいる。年齢は70代くらい。左足の付け根から下を欠損していて、いつも地べたにカゴを置き、こんなメッセージを書いたダンボールを持って物乞いをしている。『私は交通事故で足を失い、仕事も家庭も無くしました。カンパよろしくお願いします』物乞い中は義足を外し、これ見よがしに傍らに置いているため、その姿はかなりインパクトがある。
日曜、夕方。例のごとく電気街で物乞いをしている義足ジイさんを見かけた。何気にカゴをのぞくと、千円札や1万円札も入っている。さほどに片足が無いのは通行人の同情を誘うのだろうか。もしかしたら呼び水のために自分で入れたのかもしれないが…。
 離れた場所から様子を伺うと、
0分に1回くらいはザルに金が放り込まれていた。恵まれる金額は小銭ばかりだが、「頑張ってください」なんて優しい声をかけられたりもしている。ジイさんは「ありがとう、頑張るね」とニコニコ笑っているが、どういう心境なのだろう。じっくり観察してみっか。というわけで張り込むこと2時間ほど、動きがあった。おもむろに義足を装着し、杖をつきながら駅のほうへ歩いていく。追いかけましょう。しばし電車に乗り、新宿近くの駅で下りると、コンビニに入った。買い物カゴに総菜をポンポン放り込んでいる。ほっけの開き、ニラレバ、おにぎり3個、揚げ出し豆腐、イカリング。そしてワンカップを4個。晩メシっぽい。このへんに住んでるのかな?コンビニを出た後、たどり着いたのは、古い都営住宅のようなアパートだった。ジイさんが1階の部屋に入ったのを確認後、ベランダのほうに回ってみた。間取りは1Kといったところか。たぶん一人暮らし、生活は苦しいのだろう。なにせ障害もかかえているわけだし。ジイさん、今ごろ侘びしく晩メシを食っているのかな…。何だか気が滅入ってきて元来た道を引き返し、いったん駅前で一服する。そしてもう一度アパートへ。と、換気でもしているのか、ジイさんの部屋のドアが半分ほど開けっ放しになっていた。…あれ?中からジイさんのしゃべり声が漏れている。
「男の楽しみってのは、メシ食って、酒飲んで。やっぱ女とヤルことだな」
…何の話だ? 物乞いのときの「頑張るね」のトーンとはずいぶん温度差があるけど!?そーっと中をのぞいてみる。手前が台所、奥が居間らしい。…おっ、60型くらいの大型テレビがあるぞ!部屋にはジイさんの他にもう一人おっさんがいた。友達らしい。
「あそこのママにはよくしてもらったし。また行ってやらないとなぁ」
「パチンコはいい思いしたよ。明日も行くか。おまえも行く?」
…勝手に侘びしい生活を想像していたが、実に楽しそうにやってるじゃないか。こんな大型テレビもあるし。何気にジイさんの収入を想像してみる。生活保護や障害者年金をもらって、さらに義足をウリにして物乞いでガッツリ稼いで…。意外と悠々自適なんじゃね?ジイさん、バイタリティのある方ですなぁ。オレも頑張って生きよっと。