会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

無職の人って実際どうやって生活費を稼いでいるの?

1人目

20才のころから全国の部品工場を転々とし、作業員として働いていたという彼だが、
いつ、何をキッカケに職を失うことになったのだろうか。
「昔ほら、リーマンショックってあったでしょ。俺が45くらいのときだったかな。あれで派遣切りを食らっちゃったのよ」
むろんただちに再就職すべく、打てる手はすべて打った。しかし40半ばという年齢、加えて転職に有利な資格を持っていなかったことがネックとなり、働き口は一向に見つからなかったという。それから52才に至る現在まで定職には一度も就いていない。にもかかわらず、なんで生活できてるんでしょ?
「簡単に言っちゃえば生活保護ですよ。俺、腰に持病があって睡眠障害もあるから、申し込めば簡単なわけ。いまは家賃代を含めて月8万5千円ほどもらってるね」
 なるほど。てことは暮らし向きもそれなりに質素なのか。
「そうでもないよ。毎日カラオケいったりパチンコ打ったりしてるしね。酒だってよく飲むよ」
 それは変だ。生活保護のカネだけでそんな贅沢ができるわけないし、別の収入源があるとしか思えない。
「あんまり大きな声じゃ言えないけど、パチンコと競艇だね」
 ギャンブルで生計を立ててる?ホントかな。むしろそんなことしてたら生活が成り立たないのでは。
「コツがあるの。たとえばパチンコでも普通に遊んでたらそりゃ勝てないよ。でも店の店員と何人か仲良くなっておけばイイ情報が入って勝率もグンと上がる。だから俺、普段から連中とツルんでるもん。メシや酒をおごったりして。それはそれで大変だけどね」
 ほう、パチ屋の店員って有益な情報を持ってるものなのか。
競艇も普通に勝負してるようじゃダメ。経験者ならわかると思うけど、競艇には月に数回、コレしかないっていう鉄板レースが数回あるの。そこにドンと張りこむわけよ」
 トンだ生活保護受給者というべきか。たくましい限りですな。

2人目

現在、千葉の実家で両親とともに暮らすこの男性は、4年前、勤めていた鉄道会社を辞めて無職になった。そのまま仕事を続けていれば安定した生活が保証されていたはずなのに、いったい何があったのだろう。
「もともと僕、小さな駅で駅員をしてたんです。急行や快速の停まらない駅で毎日のんびり仕事をやってたんですが、あるとき、複数の路線が走るターミナル駅に配置転換になって仕事量が激増しちゃったんですね。これがすごいストレスで。付き合っていた彼女と別れたこととも重なって、精神をやられちゃったんです」
 医者が彼に下した診断結果は適応障害。ストレスが原因で情緒が著しく不安定になる、一種の精神障害だ。これが原因で結局は退職の道を選ぶことに。
 で、現在、ご病気の方はどうなんですか?
「いまはおかげさまで安定してます。ストレスのない生活を心がけていれば問題ありませんから」
 何だろう、公園で1日ボーッとするだとか、そういうことでしょうか。
「僕、風呂が好きなんですよ。だから近所のスポーツジムにほぼ毎日通って、そこの風呂に浸かってリラックスしてます。あとは趣味をいろいろと…」
「趣味といいますと?」
「まあ、フーゾクですね。無職の身なんで頻繁には行けないけど、月に1、2回は。あと、駅の階段なんかでパンチラを見に行ったりとか」
 パンチラ!?何か最初の気弱そうな青年のイメージからどんどん遠ざかっていくんですけど。
「別に犯罪じゃないですよ。裏モノのエロ知恵特集なんかを参考にして、自然な状態で見えるものばかり狙ってるんで」
 それならまあいいとして、気になるのは収入面だ。生活費は親に頼ればなんとかなりそうだけど、フーゾク代などはどうやって捻出してるのか。
「金銭面で親の世話にはほとんどなってません。毎月10日間くらいはポスティングバイトをしたり、ネットのアンケートサイトをやりまくって、貯めたポイントを換金したり、これだけで月3万から3万5千円くらい稼げますから」
 さらに彼にはとっておきの現金調達法があるんだとか。
「治験バイトを募集してるところに複数登録するんです。そうしておくと割と定期的にお呼びがかかるからオイシイんですよ。この間も5泊6日の泊まり込みの治験を2回連続でやって16万の謝礼をゲットしました」
本来、治験バイトを一度やると、次の治験まで3カ月のインターバルを空けなくてはいけないそうだが、そういったルールを一切無視して治験をやりまくっているという。健康被害が心配だなぁ。