会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

被害妄想気質かどうかをチェックするテスト

夜中に何故か無性にラーメンを食べたくなった。車を走らせて、やっているラーメン屋を探す。夜中なのでなかなかやっている店がない。仕方ないので牛丼屋でも入ろうかと思っていた矢先、やっているラーメン屋を偶然にも発見した。汚い店だが、背に腹は変えられない。俺はその店に入った。

「うちは醤油ラーメンしかやってないよ」と言われ、その醤油ラーメンを注文した。
まあまあ美味かった。次の日また食べたくなってその店に行ったが、すでに潰れていた。…まあ仕方ない。俺は帰宅して、首を吊った。
 
おそらくですが、主人公は行った店がことごとく潰れていくことに悲観したんじゃないですかね。牛丼屋もラーメン屋も、この男が行ったことで潰れてしまったと。潰れてしまうのは自分みたいなものが行ったせいだと。なんというか、行く先々に災いを運んでる自分に気づいて、嫌気が差して結局自殺してしまったんだとおもいます。意味がわからないと答える人が大半だ。「まあ仕方ない」とあった直後に首を吊る流れはどうにも繋がりようがない。
お答えいただいた男性のようにみずからの行いによる悲劇的なストーリーを想像した人は被害妄想に陥りやすい不安定な気質と言える。
この捉え方をした人は、常日頃から自分があんなことしなければ〜、オレのせいで〜みたいに考えるクセがついていることだろう。心身にかかるプレッシャーは相当なものだと思われる。
ええー、そうなんだ。それは良くわかんないっすねー。被害妄想かぁ。自覚はないですね。いやまあ、たとえば仕事がうまくいかなくても部下のせいにしないでオレがすべて悪い、みたいに考えたりすることはありますよ。上司には「すべて僕の責任です」とか言っちゃったり。まあ実際部下をコントロールできなかったボクのせいだったりしますからねぇ。