会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

イタ電で会社の嫌いなやつが首になる

契約不履行で、給料を差し押さえたいのです

ところで、皆さんはイタ電で最も効果的なのが、会社への攻撃と知っておられるだろうか。私のやり方は、まずターゲットが勤める会社の総務部に電話をかけるところから始まる。
「こちら〇の商事法務室の小沢と申します。社員の在籍確認をお願いしたいのですが、〇市×▲在住の田中周作さんは貴社の正社員ですね?」

落ち着いたロ調で言ってあげれば、怪しまれることはない。

「その通りですが、何か?」
「実は当社と田中さんとの契約上の事で問題が生じておりましてうまり債務不履行の状態にあります。よって当社では債権保全のために、田中さんの給料を差押えたいのですが、失礼ですけど貴社の所在地と会社名、代表取締役のお名前をお願いします」

こんな電話、本職たる金貸しで年中かけているから、会話に不自然な部分があろうはずもない。
よくわかりました。では、裁判所から通知が行くと思いますので、よろしくお願いしまます。

そう言って電話を切ったら、相手はどう感じるか。今はどこの会社も、人減らしリストラしたくてワクワクしてる状況だから、社員の首を切るのにこれほど都合のいいロ実はない。特に労働力の割に給料の高い社員に対しては、至って有効な手段だ。すぐさま、本人から事情を聞き出すに違いない。いや、事情を聞いてくれるならまだ救いがある。中には、一刀両断に切り捨てる会社もあるに違いない。

「なんだ、タチの悪そうなサラ金から会社に直々に電話がかかってくるとはーキミは我が社の看板に泥を塗る気かねーもうキミのような社員はいらんー・今すぐ辞表を書きなさい」

本人がどこからも借金していないならともかく、大手サラ金から少しでも融資を受けていたら最悪。いくら滞り無く返済していると説明したところで、それはますます墓穴を掘ってることに過ぎない。
こんな単純なイタズラ電話で、会社とサヨナラした人が何人いたことか。特に大手企業は、この手の話を嫌い、敏感かつ敏速に対応してくれるので面白い。ガチャ切り野郎を警察に捕まえさせる他にも数々の手ロを駆使し、イタ電ライフを講歌している私だが、
実は逆にイタ電をかけられたこともある。もっとも、単なるガチャ切りが十数回かかってきただけの話なのだが、生憎、それを許してあげるほど私の心は広くない。面倒は覚悟で、こちらから仕掛けてみることにした。

一般的に警察はイタズラ電話程度ではなかなか動かない。ならば、それ以上の状況を作ればいいだけのこと。私はすぐに動いた。仲問に命じて、自宅に「殺すぞー」と赤マジックで書いたハガキを何通も送らせる。自宅の塀に「死ねー・ぶっ殺してやるー・」と落書きさせる。家の庭にネコの死骸などを放り込ませる。その他、庭にあるものを壊したり、解体屋から借りてきたナンバー付きの廃車ままの車を駐車場に遺きパンクさせたり、フロントガラスを割ったり、車体に傷を付けたり。

時はおりしも、女子大生殺傷事件での警察の怠慢ぶりが問題になっていた真っ只中。私は被害届けを提出した上で警察署に追った。

「おい、犯人はまだ捕まらないのか。私の身に何かあったらどうしてくれるー相手は私の自宅に堂々と電話してきて殺してやる」って言ってるんだぞ(ホントは無言だけど)。番号もわかっている。警察は何をやってるんだー

かくして、イタ電野郎は番号を元に警察署に呼び出され(任意ではあるが)事情聴取とあいなった。まさか、身元が特定されるとは相手も仰天しただろうが、この時点で私の目的は金に変わっている。イタズラ電話で眠れなくなった。医師の診断書もある。てめー、早く慰謝料払えー難癖はどうとでも付けられる。ま、いくらふんだくったかは言わないが、私にイタ電すると地獄に堕ちますよ、マジで。