会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

タワマン住民の高層階と低層階にステータス格差はあるのか

人がタワーマンションに住みたがる理由として、眺望の良さというのはひとつ、確実にあると思う。トーキョーシティーの夜景を眼下に一望できる暮らしだなんて、誰だって憧れを抱くハズだ。
 しかし実際のところ、タワマンにも2階、3階の低層階はあるわけで、となればそこに上層階とのステータス格差が生まれているとしても何ら不思議はない。
 調査現場となるタワマンは51階建ての超高層マンションだ。そのため住人数が多く、入口付近は人の出入りがけっこう激しい。ここで声をかけまくればすぐに上層階の住人を見つけられそうだ。
「すいません、私、このマンションの購入を考えているんですが、住人の方ですか? もしよければ実際の住み心地などを教えていただけませんか」
 こういう流れにすれば肝心の階数を聞き出すのも苦ではない。声かけ開始から1時間、ついに48階の住人と遭遇した。ベビーカーを押したキレイな女性。高そうなブランド服でキメ、トイプードルまで連れているあたりがいかにも金持ちっぽい。しばし住環境の質問などを繰り返したあとで、いよいよ本題へ。
「ところで、上の部屋と下の部屋ってどっちがオススメですか」
 聞いた瞬間、答えが返ってきた。
「上の方がいいと思いますよ」
「やっぱそうですか」
「だって、ここの4階に住んでる友だち家族の部屋なんて、せっかくスカイツリーの方角を向いてるのに全然見えないんですよ。ふふふ、なんか笑えません?タワマンに住んでるのに。だからときどきからかってるんです」
 彼女、興に乗ったのか、続いてこんな話も。
「上の人たちだけで集まるときなんか、私よりひどい毒を吐く人もフツーにいますよ。下の住人ってクルマないとこ多いよねとか、ユニクロ率ハネ上がるよねとか。うふふ、ホント失礼ですよね〜」
 楽しそうに笑っている以上、彼女もその意見に同調しているのは一目瞭然だ。貴重なお話、ありがとうございました。同様の手法で、今度はこざっぱりとした服装の30代夫婦を捕まえた。現在2人が住んでいるのは3階、居住区としては最下層階のひとつ上ということになる。
しばし関係ない質問をしたあとで、本題に切り込んだ。
「ここで部屋を購入するとしたら予算的に低層階かなって考えてるんですけど、なにか問題とかないですかね。たとえば上層階の人に見下されるような…」
 質問を一笑に付したのは、ダンナさんだ。
「そんなのナイナイ。どの階に住んでも一緒ですって」
「上の階の人をうらやむようなことは?」
「それもナイなあ。逆に3・11の震災で、部屋を売りに出した高層階の人も多かったから。揺れ方がムチャクチャだったらしいよ」
 口ぶりからして本当に卑屈な気持ちはないのかも。
「でも3階に住んでて、上の人に恐縮することがあるとしたら、朝のエレベータかな」
忙しい通勤時に、上階から降りてくる人は各階でいちいちエレベータが止まるため、機嫌が悪くなってるのではと彼は言う。
「だってエレベータに乗るとき、たまに何とも言えない雰囲気になってることがあるんですよ。舌打ちが聞こえてきそうっていうか」
と、ここで奥さんがはじめて口をはさんできた。
「でもここだけの話、嫌味な人って上階に多いですよ。特に奥さん連中。エレベータを待ってたら、おたくは階段で上がった方が早くない? とかサラッと言われたこともあったし」
なるほど、そりゃたしかに嫌味だわ。