会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

水害セーフエリアと水害アウトエリアの境界線の住民の心境

目に見える形での格差が存在する。

f:id:torivian:20190707112613p:plain
たとえば1本の道で隔たれた高級住宅街とあばら家の密集エリアでは貧富の差が、あるいは県境に隣接する東京の町と埼玉の町ならば、ステータスの高低差が歴然となるわけだ。
境界線の両側で格差の度合いを目の当たりにする、勝ち組と負け組。そこには、大げさに言えば、差別する側と、される側の感情がうずまいているものと推測できる。
はたして彼らは、互いのことをどう見ているのか。さまざまな境界線に足を運び、両サイドのナマの声を聞いてみたい。
 東京・江戸川区は、両側を荒川と中川、そして江戸川と3つの一級河川に挟まれた土地だ。
 江戸川区作成のハザードマップによれば、その河川のいずれかが氾濫した場合、ほぼ全域が水没すると示されている。ごく一部の狭いエリアをのぞいて。
つまりそこに、水害セーフと水害アウトの境界線が浮かび上がるわけだ。
 大雨による洪水被害が全国各地で多発している最近のご時世だ。これまで以上に、互いのことを意識しているに違いない。
 まずは水害セーフ地域から調査を始めるべく、該当エリアへ足を運んだところ、一瞬にしてここがセーフ地域である理由がわかった。周辺と比べ、地面が8メートルほど高くなっているのだ。なるほど、これなら河川が氾濫しても水没など起きようがない。
キレイに区画された町中をプラプラ歩いていると、前方から子連れの若ママ風がやってきた。
「こんにちは。つかぬことお聞きしますが、この辺りにお住まいの方ですか?」
「ええ、そうですけど」
「住み心地はどうです? じつは、近々この町へ引っ越しを考えてるんですけど、江戸川区って川に挟まれてるじゃないですか。最近、水害のニュースが多いから、その辺がちょっと心配で」
「この町なら大丈夫ですよ」
さらりと断言した。やはり安全エリアだという自覚はあるらしい。
「ときどき回覧板が回ってくるからみんな知ってますよ。洪水のときはここら一帯が避難区域に指定されてるとか何とかって」
「だったら安全ですね」
「そうそう。他が洪水になってもここには届かないし、豪雨が降っても水は下に流れてくだけだし」
満面の笑顔だ。〝下〞に住む人たちへの優越感の現れだろうか。
「じゃあ、水没エリアに住まなくてよかったと思います?」
「うふふ、そりゃそうですよ」
「でも実際問題、そういうところに住んでる人はいるわけですけど、そのことについては?」
 ママさんが首をかしげる。
「というと?」
「つまり優越感みたいなものもあるんじゃないかと思いまして」
「え〜、そんなのないですよ」
口では言うものの、口角がヒクついている。ニヤけそうになるのを必死にガマンしている様子だ。彼女が続ける。
「ただ、この辺の住宅って相場よりも高めなんですよ。中古マンションだってあまり値崩れしないし。だからそういう意味では私たちは安全をお金で買ったのかなって」
「はあ、なるほど」
「でも水害になるところに家を建てた人ってのは、そういうリスクを覚悟してるわけですよね。だから、もし家が浸水してもそれは自己責任だろうとは思ってます」
安全をカネで買えなかった人は、浸水しても自己責任、か。今度は水害アウト側に住む人の話も聞いてみよう。声をかけたのは、商店街でスーパーの買い物袋を手にボーッと佇んでいたオッサンだ。
「こんにちは。この辺りにお住まいの方ですか?」
「ん、そうだよ」
「実はこの辺に引っ越そうかと思って、ハザードマップ見たんですけど、荒川が氾濫するとこの辺りって水没するらしいんですよ。怖くありません?」
「まあ、荒川の堤防が決壊したらそうなるだろうね。どうしようもないよ」
「でも清新町(セーフサイド)の方は大丈夫らしいんですよね」
「あの埋め立てで出来た新しい町のこと? へえ、そうなんだ」
 オッサンは表情ひとつ変えない。この手の話題に関心がないのだろうか。
「自分の家が確実に水没するときに、向こうじゃまったく平気な家もあるんですよ。それって羨ましくないですか?」
「いや別に。だいたい荒川から水が溢れ出したら、あそこもタダじゃ済まないって。どんだけ大きい川だと思ってんの。洪水をナメちゃダメよ」
35年以上も前、江戸川区で起きた大規模な洪水を経験したことがあるため、その猛威をイヤというほど知っているんだとオッサンは熱く語る。
「それにさ、清新町ってインド人だらけじゃん」
「あ、そうなんですか?」
「知らないの? あの辺にある公団住宅とか行ってみなよ。黒い顔した奴らがうじゃうじゃいるから。申し訳ないけど、俺はああいう町には住みたくないね。治安も悪いんじゃないの、知らないけど」
オッサンにとっては水害の危険より、インド人の有無の方が重要らしい。
「じゃあ、もし仮に、今からあの町に住めるってことになっても断りますか?」
「え、家を建てるカネの問題とかは抜きにして? うーん、それだったら住みたい…かなぁ」
住むのかよ! セーフサイドへの否定的な態度は、単なる羨望の裏返しだったようだ。