会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

大家に取られすぎた敷金返済を求める正しい方法

ハウスクリーニングはもちろん、借主か汚したかとうかに関係なく、リフォーム代金まで貸主負担が当たり前の状況だ一厳密にはおかしな話で、酷い家主になると通常の2倍3倍の見積を出してきたりする。

「それでも借主が文句を言わなければそれで済んじゃうんです」

「宅建協会に文句言いますよ」

改めて腹の立った人も多いだろう。フローリンクのー力所にタバコの焼けこけをつけただけで全面修理費用を請求されたり、ワンルームのクリーニング代として10万も取られたらボッタクリ以外の何物でもない。では、どういう手順で返済を迫るのが正解か。

一般的に言われるのは、

①仲介の不動産業者に交渉
②「家主宛に一敷金返還を請求します」と配達証明付き内容証明を郵送

③支払い督促簡易裁判所に申請するもので、督促状に強制力はないが、それなりのビヒらせ効果はある

④少額裁判(30万以下)手続きも簡単で審議から判決も1日で終了敷金は明け渡しからー力月以内に返済する義務があるので、期間外になれば遅延賠償金や年利ももらえる

⑤本裁判具体例を知りたければ、インターネットで私はこうして敷金を返してもらった』などの体験記が山ほど見つかる。

仲介物件なら、②の段階で力タかつくでしょうね

国土交通省のガイトラインをプリントアウトして見せるなり判例を準備するなりしておけば、業者側は自分たちか悪いのはわかってますから、適当な額で手を打ってきますよ。さらに効果的なのか、不動産業者の免許を発行する行政機関の名前を出すことだ。「大手業者は知事免許なんで各都道府の住宅課に頭が上がらないし、中小の場合は各都道府県の宅地建物取引業協会の認可で開業してるだから、そちらにいいますよって匂わせれば弱腰にならさるをえない。へタしたら営業停止、免許取消もありえますから客の苦情で都庁に呼ひ出されたって話はよく聞きますし。

ただし注意したいのは、不動産の管理会社か入ってるケースだ。予め契約書に特約事項を設け、明け渡し時のハウスクリーニングやクロスの貼り替えを借主負担で行うなどと明記してあったりする。となると、たとえ「原状回復」を越えるものであっても、賃借人が署名、捺印している以上、現行法上は有効な契約とみなされ、裁判で争ったところで勝ち目はない。

さらに通常の2倍もの修復見積を提示されても、契約書の特約事項に「貸主の指定業者による」などと書かれていれば、従わざるを得ないのだ。「それでも抜け道はある」というのは、東海工リア在住の読者、山根氏(仮名、46才)だ。

ある裏ワザを使い、敷金を20万一取り返したという

「Tって大手の管理業者だったんだけど、50万入れた敷金が10万しか返って来なかったんだ契約書を読むと、確かに小さい文字でクロスの貼り替えや畳替えも借主負担て書いてあるで、何か向こうに落ち度はないか探したら、これがあった」

賃貸借契約に際し、不動産業者は宅地建物取引主任者の免許を提示することが義務づけられているだか、山根氏か契約したとき、担当者は免許を提示しないどころか無資格だった。免許を持ってる人間かー人いれば無資格の従業員を4人は雇ってもいいことになってるんだけと、その事務所は壁に1人の免状か貼ってあるだけで10人ぐらい働いてたわけ。敷金の返還交渉に出向いた彼がさりけなく宅建免許の話を振ると、担当者は明らかに動揺した素振り。

そこで「宅地建物取引業協会が開業の免許を出すんだよね」と畳み込むと「少しお待ちください」と奥へ消え、すぐに20万安くなった見積書を出してきた「半分脅しみたいなもんだけど、大手はバ力高い手数料を取ってるんだから少しぐらい返してもらってもバチは当たらないと思ってさ一次の引っ越しは、返ってきた敷金をアテにしているそうだ。