会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

競輪選手と八百長でお小遣い稼ぎ

そろそろ30代半ばにさしかかる私は、10代のころからギャンブルに目がなかった。

パチンコはもちろん、馬券も買うし、力ジノバーにだって出入りする。一般には馴染みの薄い競輪や競艇にまで小遣いをブチ込むロだ。もちろん生活は荒れ果てている。今回報告するのは、その長いギャンブル歴の中でたった一度だけ「熱くならなかったレース」に投資したときの話だ。

わずか数力月前のあの4分間、なけなしの金を賭けておきながら、私の気持ちは何故か冷めていた。今もってその理由はよくわからない。なぜだろう。ほぼ勝てるとわかっていながら、なぜ私は熱くならなかったのだろう・・
中学時代の同級生まくり屋、岡田
話は今から10年近くも前にさかのぼらねばならない。いつものように地元の盛り場をフラついていたとき、ずいぶん懐かしい顔が目の前を歩いているのが見えた。

「あれ、お前、岡田(仮名)じゃないの」
「おー、久しぶりだな」

「覚えてたか?いやー、懐かしいな」

この男、岡田は、私の中学時代のクラスメイトで、親友と呼べるほどではなかったにしろ何度か一緒に遊んだことのある仲だった。とはいえ、普通その程度の知り合いなら、町中ですれ違ったぐらいで声をかけるような真似はしないもの。気つくことすらないかもしれない。私が岡田だとわかり、あえて自分から声をかけたのは、ヤツが卒業後に競輪のプ口選手になったと人づてに聞いていたからだ。

「自転車やってんだってな」

「ああ、そうだよ。全然下っ端だけどな」

「おれも競輪やってっからさ。いつか車券買わせてもらうよ」

「おー、サンキュー」「八百長でも仕組んでくれよな」「ははは」

この数年ぶりの再会を機に、私と岡田はときどき一緒に飲み歩くようになる。とはいえ家庭も定職も持たず毎日フラフラしている私と違い、仕事上、岡田は東日本の様々な地方に遠征しなければならず、顔を合わせるのはせいぜい年に2回。

それでも自転車といっ同じ話題を持つ者同士、会えば必ず遅くまで語り合った。大きなレースに顔を出すような有名選手ではなかったため、ヤツの実際の走りを見たことはなかったが、岡田は“まくり“が得意だといつも言っていた。後方からダッシュで一気に抜き去る戦法だ。瞬発力には自信があるらしい。
「ノッてくれるならやろうと思う」
今年の5月、例の如く久しぶりの酒の席で、岡田がこんな言葉を口にした。

「あのな、今、ちょっと金に困っててさ」

意外だった。確かにプロスポーツ選手とはいえ、ヤツの性格にはちゃらんぽらんなところがある。しかし、金に窮するような暮らしぶりではなかったはずだ。競輪選手は、格上から順に5級A級B級とランク付けされ、さらにその中でも上から1班2班…と分かれている。成績が良ければ上に、悪ければ下に移動し、当然ながり稼げる賞金もそのクラスに見合った額となる。

岡田はA級の2班と3班を行ったり来たりしている選手で、このクラスだと年収900万近くは稼いでいるはず。特別裕福ではないにせよ、金に困ることなどないと思うが…。「結構もらってるんだろ」「いや、色々とあってさ」「そうか、でも・・」

数万程度なら貸せないともないが、私も典型的なギャンブルジャンキー、まとまった金となると厳しい。

「いや、貸してくれってわけじゃないんだ」「すまんな」

「いや、いいんだ。それで相談なんだけどさ・・」「ん?」

「もしノってくれるなら、やろうと思うんだ」「やる?」「ああ」

ヤツの言わんとしていることはすぐにわかった。八百長だ。そうか、八百長か・・

競輪というのはおかしな競技で,誰もが必ずしも全力でトップを狙いに行くわけではない。詳しい説明は面倒なので省くが、要は同郷の先輩や同僚などを勝たせてあげるために、自らがわざとおとりになって負けてやったり、あるいはライバルの邪魔役に徹したりと、バンク(トラック)上では一見不正とも思える行為がまかり通っている。

しかし誰もそれを八百長とは呼ばない。観客もまた、そういった選手同士の人間関係や思惑などを見越した上で車券を買っていて、それこそが競輪の醍醐味にもなっているからだ。

しかし本来の意味での八百長、つまり外部者や自分自身が金を得るために不正を働くなんてことは、当然ながら禁止されており、発覚すれば競輪界かマ水久追放されること必至である。薄々怪しいなと感じたレースは過去にも何度か見たことがあるが、まさか岡田が振ってくるとは。私は身を乗りだした。
競輪の初日岡田は飛ぶ
「やるって、どうやってやるんだよ」

「飛ぼう(まけよう)と思うんだ」「……」

岡田は自分が大本命になったレースでわざと負け、穴車券を狙うのはどうかと言う。競輪は3日間開催され、初日に勝った選手が2日めの準決勝に、そこで勝ては決勝に、というトーナメントスタイルで行われる。岡田は、初日の予選では連対率(1着か2着になる率)80%という脅威的な数字を残すのだか、準決勝に進むと途端にその数字が10%にまで下がってしまう、「弱い相手には滅法強い」選手の典型だった(ほとんどの選手はそうなのだが)。

そこで初日の予選、岡田が大本命に推されたレースでわざと負ければどうか。高配当が出る可能性は極めて高い。

「枠連なら10通り押さえておけばいいかりな」「うん、うん」

むろん岡田も、勝利を重ねて上のクラスに入り賞金を稼ぐことを目標としている。しかしすでに今期はクラス分けの基準となる「競争得点」をある程度獲得したので、1レース落とすくらいは構わないといっのだ。

「そういう意味じゃなくてさ、もしバレたらどうするよ。お前クビだぞ」

動転する私に岡田は言う。自分はまくり型の選手なので、力及ばぬフリをして負けても八百長とは気付かれにくいはずだ、と。

「スブまでもやったことあんの?」「ないよ。初めてだって」

「で、幾らほしいんだ?」「儲けの2割でいいよ」

もちろんもしゾ口目が来たときや、10倍以下の配当で割れた場合はゼ口だ。

「でも50万は欲しいな」「そうか」

50万程度の金のために危ない橋を渡るとは、よっぽど切羽詰まっているのか。いゃ、詮索はよそう。

「いくら突っ込める?」そう聞かれて私は我に返った。総額50万ぐらいで勝負しようと考えていたが、これでは岡田に50万なんてとても渡せない。

「そうか・・もっと人を集められないかな」「いつやるんだ」「そうだな・・」

「俺としては地元でやってもらいたいな。目の前でレース見れるし」

「それじゃ来月の2(競輪場)かな」

後ひと月、その間に資金を集めるしかない。
本人と対面し決意を固める
確実、とは言えないまでも、かなりの一ロ同壁単で勝てるギャンブル。こんな話にのってくる人間といえばあたりはつく。私は力ジノバーで親しくなった連中に話を振ってみることにした。

「知り合いの競輪選手と八百長を仕掛けるのだが、ー枚噛んでみないか」

持ちかけると、彼らは決まって同じように間い返してきた。それは本当のことなのか、と。無理もない。競輪に限らず、競馬しかり競艇しかり、

「いついつ八百長レースを仕掛ける」

との誘い文旬で詐欺る手口は広く知られている。まして彼らは競輪のことなどほとんど知らないのだから、選手の名前も含め、詳しいことをいっさい話さない人間を簡単に信じるわけがない。

「いや、詐欺じゃないって。一緒に競輪場に行って自分で車券を買ってくれればいいから」

「勝つ保証はあるのか」「いや、それは・・」

保証なとあるわけがない。あくまで大本命が飛ぶだけのことで、元割れやゾ口目の可能性は残されているのだ。人が集まらなければ、この話は流れる。アセった私は考えた。こうなれは岡田本人と対面させるしかないんじゃないか?彼らも実際にバンクを走っている姿を見て、その男の口かり「やる」と聞かされれば信じざるをえないはず。後は、ノるかノラないかだけだ。危険なようにも思えたが、カネにうるさい連中のこと、こうでもしなければ土俵に上がってきやしない。

後日、私は3人のカジノ仲間を説得し、岡田の地元(競輪選手は競輪場に所属している)x競輪場に連れて行った。競輪場はレースのないときも一般に公開されていて、練習する選手の様子を見られるようになっている。話しかけるのも自由だ。岡田はトラックの外で、トレパン姿になってくつろいでいた。

「よー」「おー」モタモタと後ろをついてくる3人に、そっと話しかける。

「ほら、この選手だから」

緊張のせいか3人は無言のまま。それを見て岡田はぶっきらぼうな口調で言った。

「ノッてもらえるんならやりますよ」

その一言が、半信半疑だった連中の迷いを消した。八百長レースの舞台は整いつつあった。
やるときは拳で膝を叩く
その後岡田は、P競輪、Q競輪でも初日の予選で連対して健脚を見せつけながらも、2日目準決勝では逃げ選手をまくり切れぬレースを演じていた。そして2競輪開催の前々日。規則により明日から選手は外部といっさい連絡が取れなくなる。私は最後の報告をするため、岡田に会った。

「あの人たち、ノるのか」「ああ」「どれくらいになった?」

集まったのは私の50万を入れて全部で150万円。10点買いだから、ー点あたり15万だ。「15万か・そうだ、少ないか」「そうだな・・」

仮に20倍の配当がついたとしても、純益は150万。その2割なら30万円にしかならない。さらに配当が低ければ、岡田の取り分などほんのわずかだ。選手生命を賭けてまでやる価値はないだろう。真剣に走って報奨金の11万円を狙ったほうがマシだ。が、これがもし30倍40倍になればよ・・

「別線を妨害したらどうだ」「イヤ、それは無理だ」

おそらく多くの客は、もし岡田が崩れた場合の押さえとして、別線(岡田の属さないライン。ラインとはそのレースにおけるチームのようなもの。同郷選手同士などで組む)絡みの車券を買っておくだろう。これが来れば高配当は期待できない。私はその別線を妨害するように走ればと提案したのだが、そこまで露骨なマネはさすがにプライトが許さないようだ。

「ま、やるかやらないかはお前が決めるしかないよ」「……」

「ああ・・やってみるよ」「よし、わかった」「やるときは、スタート台についたとき、拳で膝を叩くよ」「え」スタート直前なんて、すでに車券を買い終えた後だ。そんなときに合図を送られても、もう後戻りはできない。

「ははは、叩かないなんてことはないよな」「ああ、やるよ。やってみるよ」

そうは言うものの、まだ岡田の目に決意の色はなかった。迷っているのか。
最高なら48倍最低ならゼ口
翌日、初日の枠順が確定した。岡田は第6レースのー枠。他8人に強力なライバル選手は見当たらない。専門誌の予想もやはり岡田を軸に展開されていた。〇〇(人名)の逃げならまくり切れる。そんな見方が大半だ。

レース当日の朝11時。力ジノ仲間の4人は、2競輪場の最寄り駅に集合した。バスに乗って現地へ向かう。

「10倍割れたらヤバイなあ」「それりゾ口目が怖いよ」

「100倍とかになったらどうするよ」

浮かれる彼らには合図のことを知らせないでおくことにした。ギリギリになってからやるやらないを決めるなんて、聞けば怒るに違いない。この場で降りるヤツだっているだろう。しかし私自身は、合図については心配していなかった。岡田はやる。迷ってはいたが、必ずやるだろう。
ヤツのいった合図とは、やるやらないを伝えるためのものではなく、直後にふがいないレースをする自分を免罪するための、いわば言い訳なのではないか。私はそう考えていた。本気では走りませんよ、ということを私たち4人にだけでもあらためて伝えておきたいのだと。4人は別々の窓口に分かれ、予定どおりに車券を購入。並んでスタンドに陣取った。間もなく第6レースが始まる。私たちは岡田の姿を探した。

「お、いた、あの白い帽子だな」「おーい岡田ー」「おー頼むぞー」

本番前の地乗り(試走)をする岡田。遠くかりではその表情はわからない。やる、必ずやる。私は念じるようにヤツの姿を脱み続けた。しかし同時に、いつもレース前に訪れる興奮がちっともやってこないことに、妙な居心地の悪さを感じていた。

数分後。スタート台についた岡田は両頬を軽く叩いた後、拳を握りポンと膝を叩いた。★彼が金を受け取りに来たのは、レース最終日の翌日、夜遅くのことだった。40万ばかしの金を手にした岡田は多くを語らず、ただ「サンキュー」とだけ言って車に乗り込んでいった。あのレース、岡田は最終コーナーからまくりを仕掛け、そして終盤に力尽きた。まくりを得意とする選手が敗れるときのありがちなパターンだ。

私の目には、踏み込みを意識的に緩めたようにも見えたが、何も知らぬ者にはただバテただけのように思えただろう。八百長としてはうまい走りだった。第6レースの配当は、そこそこの中穴に落ち着き、私は52万円を得た。その金をいつか岡田につぎ込んでやろうと思っているのだが、未だ叶わずにいる。