会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

全身整形手術奮闘記・私の整形ライフは死ぬまで続くかもしれない

世の中には、毎日のように「鼻がやだわ」「目がやだわ」「口がやだわ」などとグチってる女性が多い。ならいっそのこと美容整形をしてみたらいかが。親からもらった体なのに、なんていってるようじゃ頭が古すぎ。かくいう私も、この美容整形にハマり目、鼻、口に始まり、アゴから頬、挙げ句に胸や足までイジりまくった女だ。今じゃすっかり別人になってしまったけれど、まだまだ飽き足らない。きっと死ぬまで整形し続けるんだろう。私はマジでそう思う。
子供のころことあるごとに他人から言われたことばがある。

「多香子ちゃんはお母さんに似てるね」

一重にくっきり二重顎。子供から見ても母は不細工で、私はそのブスな母の娘だった。こんな顔、取りか兄てしまいたい。その思いは幼な心に深く刻まれた。しかし、アヒルの子はアヒルではなかった。自分でも信じられないが、私は10才を過ぎるころより、みるみるキルイになっていく。おかげで、中学、高校と彼氏を欠かさず、ラブルターなんかもしょっちゅうもらった。

後の話に関係してくるので記しておくと、私は性的にもかなり早熟だった。処女喪失は10才のとき。中学で援助交際に手を出し、高校時代は身分を隠しピンサロに勤めた。早い話、マセガキだったのである。さて、そんな風に成長していけば、子供のころの思いなど消えるのが当然だろう。が、私の「顔を変えたい」との願望は依然残ったままだった。きっとトラウマになっていたのだろう。そしてこの願望は日を追うごとに膨みういに高校生後の19才のとき爆発する。整形手術を受けるため上京したのだ。

友人の紹介で吉祥寺のピンサロに入店、週6日フル回転でオヤジの相手をしているうち、すぐに費用の60万が貯まった。どこの病院で手術しようか。即断即決型の私とはいえ、整形となればさすがに慎重にならざるをえない。いくつもファッション雑誌の広告をチェックした結果、タルントのMが手術を受けたというAを選んだ。
「あの、どうすれば手術を受けられるんでしょうか」病院に問い合わせると、まずはカウンセリングに来てくれとのこと。さっそく私は翌日、店を休んでAへ足を運んだ。「どこを直したいのかな」

医師はやたら愛想のいい初老の男だった。

「あの、一重をパッチリ二重にしたいんですけど」

二重にさえなればもう母似とは言われないだろう。

「そうですか。二重の場合は埋没法という手術をすることになるんですよ」

聞けば、埋没法とは、険の裏に、髪の毛より細い特殊な糸を埋め込む方法らしい。つまり、表からは見えない部分を縫い付けてシワを作ろうというわけだ。局部麻酔をかけるため痛みもあまりないという。

「これなら10分ぐらいですぐに終わりますよ。その日のうちにメイクも出来るしね」

手術費用は10万円。鼻、口、アゴなど、他のパーツと違い、目は一番リーズナブル。もちろんピンサロ嬢の私にとっちゃ余裕で出せる料金だ。

「二重になったらどんな感じになるか見てみましょう」
医師が鏡を取り出し、細いフォークのような器具で押しあげた。と、ぱっちり二重になった自分が映っている。うーん。でもなあ、ちょっとデメ金みたいじゃないかしら。が、私は決断を下した。

「お願いします」「じゃあ、さっそく始めましょう」

「え、今すぐですか?」「そうです」まさかいきなり手術とは。と、戸惑っヒマもなく1枚の紙切れを差し出された。どうやら誓約書らしい。

〈術後の経過が当人の不本意であった場合も、一切異議申し立てをいたしません〉

考えてみれば、美容整形院が行っているのは通常の病院のような治療じゃない。うっかり手術に失敗し、裁判沙汰にでもなれば面倒なことになる。これはその予防線というわけだろう。失敗する可能性もあるってことか。もしも四谷怪談のお岩さんみたいな顔になったらどうしよう。急に不安がこみ上げてきたものの、もう後には引けない。私は誓約書にポンと判子をついた。

手術は10分程度で終了した。麻酔のおかげで痛みはなかったが、たまに目の裏が引っ張られるのが妙な感じだ。たぶん手術で縫ったんだろう。サングラスをかけて自宅に戻り、鏡を見ると、まるで誰かに殴られたよう。ま、術後すぐじゃ当然か。医者も3日は腫れが引かないって言ってたしな。その夜は、何も見ずにベッドに入った。

と、間もなく険がジンジンし出した。麻酔が切れたのか、あまりに痛くて一睡もできなかった。翌朝、目覚めてすぐ鏡を覗くが、相変わらずのみじめなお岩さん状態。痛みも昨日にまして激しい。あと1日の辛抱だ。ところが、4日5日と経っても一向に腫れがひかない。個人差なのか。手術が失敗しちゃったのか。不安で仕方ない。1週間後、そうそう店を休むわけにもいかず、ァィラインを濃く太めにして出勤。

「私、顔のどこかおかしい?」「ん、なにが?」

客に気づく様子はなく、店員も何ひとつ突っ込んでこない。彼氏と別れて泣きはらしたとでも思われたのだろうか。急に険の腫れが引き始めたのは10日を過ぎてからだ。それがト、12日目とさらに加速度を増し、13日目、とうとう二重がくっきり現れた。ヤッターー嬉しくて嬉しくて何度も瞬きしてみる。もはや私は母とは似ても似つかぬぱっちり二重の美少女だ。ただ、周囲の反応はほとんど変わらなかった。期待した

「多香子ちゃん変わったね」のことばはついに聞かれず、同僚のコに最近ちょっと化粧濃いんじゃない」と言われたぐらい。ちょっとショックだった。



母の面影を消した私に、まもなく新たな不満が出てきた。顔というものはバランスの元に成り立っている。部分だけ変えるとかえって不目然に見えるのだ。よし、この際、顔のパーツを全部取り替えちゃうか。手術を経験したせいか抵抗もない。電話で色々な整形外科に間い合わせたところ、顔全体となれば100万以上かかるとのこと。

そこでピンサロを辞め歌舞伎町のヘルスに転身。月25日無我夢中で働き、125万を稼いだ。何軒かの整形外科を調べた結果、一番対応の良かった「K」での手術を決め、カウンセリングへ。

「私、ブスだからイヤなんです。何とかしてほしいんですよ」

単刀直入に医師にいう。

「うーん。そうねえ。全体的に顔がのっぺりしているでしょ。まずは鼻とアゴを変えることかな。目も大きくした方がいいね。バストももうちょっと欲しいでしょ」

目、鼻、アゴ、胸。それぞれ手術とその名称を記しておこう。

●目(目頭切開)目頭のヒダの部分にメスを入れ、皮膚を取り除トこ、っすれば鼻付近の皮膚が無くなる分、目が大きくなる。

●鼻(隆鼻術)スッキリ「とスジの高い鼻にする手術。鼻の穴の中を切り、1字型のプロテーゼ(体に無害な人口軟骨)を鼻肪に挿入する。

●アゴ(特に名称なし)唇と歯の間からメスを入れ、引っ込んだアゴにパット状のプロテーゼを入れ、膨らみを出す。

●胸(脂肪注入法)まずはお腹や太股などの余分な脂肪をバキュームで吸い込む。これは脂肪吸引法という痩せたい人が受ける美容整形だ。この脂肪吸引で吸い取った自分の脂JI)jを、乳首の下に細い管を通して注入、胸を膨らませる。要するに、胸が大きくなった上、太股や腹まですっきりするというー石二鳥の手術法なわけだ。

「じゃあ、オぺは来月の頭にしましょう」こうした大がかりな手術の場合、念のため1日入院しなければならないらしい。10日後、長期休暇を取り、Kへ出向く。前の日から食事は抜くように、とのことだったのでお腹がぺこぺこだ。手術室で手術台の上に寝かせられると、さすがに緊張してきた。
「…怖い。ねえ、すごく怖いんです。おねがい、助けて」看護婦に涙ながらに訴える。「じゃあ気持ちがラクになるお薬を入れますね」安定剤投与の後、全身麻酔を点滴された。「1、2、3、4、5…」心の中でそう数えるうち、意識を失った。目覚めると真っ白な天井が見えていた。
翌日、鼻は白い紙テープで固定、アゴが包帯でグルグル巻きというルックスで退院した。帰り道、タクシーの運ちゃんにジロジロ見られ、顔から火が出るほど恥ずかしい。医師によれば、包帯が取れるまで10日ほどかかるとのこと。それまで家にこもるしかないらしい。顔が洗えずムズムズして仕方ない。顔中の皮膚が縫われているせいで、モノを食べるのも不自由。もちろん痛みもある。ただ、経過はおおむね良好だった。1週問後には鼻の中の抜糸(アゴは溶ける糸を使ったため抜糸の必要はない)。

顔の腫れも次第に治まっていった。鏡の前で全裸になる。以前の75Aカップの貧乳が、見事な85の巨乳。形も悪くない。太股の脂肪を吸引したおかげでちょっぴり足も痩せた。顔も、鼻スジが通り、へこんでいたアゴが膨らみ、目も大きくなった。正直、カワイイ。大成功だ。これなら誰でも〈整形〉に気づくに違いない。整形がバルて欲しいというのもヘンな話だが、私は誰かに「そんなことしたの?多香子は度胸あるなあ」って驚いてもらいたかったのだ。さっそく同じヘルスに勤めるRちゃんを食事に誘ってみる。

「ちょっとこの顔とおっぱい見てよー」「え、整形したの?」

「えー、気づかなかったの」「うん。ごめんね」

ガーン。納得がいかず、セックスフルンドのホストを呼び出す。

「今日の私、違う?」「えー、ちょっと痩せた?」
ショックの連続に、マジで泣きそうになった。1週間後、地元九州で開かれた高校の同窓会に出席。さすがにここでは驚かれるに違いない。だってみんな整形前の私しか知らないんだから。期待に胸を膨らませて九州に飛んだところ・・

「元気ー?わー、変わってないねえ」え、マジ?

「よく一変わったねって言われるんだけど」

「んー、ちょっと化粧が濃くなったかな」

結局、鋭く突っ込んできたのは実家の父親だけである。

「オマエ、その顔ちょっとヘンじゃないか。ひょっとして何かやったのか?」

テキトーにゴマかしつつ布団に潜り込むと・・

「親からもらった体を…。ホントにあんたって子は・・」

母が大粒の涙をこぽす。結局、「もうこれで親戚の葬式にもでれないね」とまで言われてしまった。さすがに申し訳ない気はしたものの、でも整形ってそんなに悪いことなのか。
ほころびは最初の整形から2年後の秋に訪れた。なんとなく険が重い気がしてたのだが、ある朝、二重が一重に戻っていたのだ。手術をほどこしたAに駆け込み、どういうことなんだと詰め寄った。

「もともとあなたはお肉がたるみやすい体質なんですよ。月日が経つにつれて険が伸びていってしまうんです」

実にもっともらしい説明だが、そんなの納得できない。

「今度はきつめに縫ってよーがっちりとねー・」

しかし、これは始まりにすぎなかった。次は胸が日に日に萎んでいき、とうとう元通りに。慌てて専門の本で調べたところ、「脂肪はいつか体内に吸収される」らしい。なんだよ、あの医者、そんなことちっとも教えてくれなかったじゃんよ。
加えて、鼻もオカシクなる。プロテーゼが垂れ下がってきたのか、鼻の頭の部分が妙に突き出ている。まさに魔女鼻だ。考えてみれば、「K」は相談に行く度、こっちの事情はそっちのけでひたすら手術を勧めてきた。金儲けしか頭にないようなアコギな商売をしているのかもしれない。許せないーただ、それよりも、この情けない鼻とおっぱいを一刻も早くどうにかしなくては。私は、すがる思いで海外にまで支店があるという有名整形外科に飛び込んだ。

「おっしゃるとおりプロテーゼが垂れ下がってますね。1字型ってのは回りの肉に引っかからないからよくこうなるんですよ。T字型のものに変えましょう」

このT字型の埋め込みは、1字型に比べ高度な技術を必要とされるらしい。つまり、この整形外科はワンランク上ってことか。ぺっちゃんこのおっぱいは、生理食塩水法という手術で大きくするとのこと。ワキの下を1・5センチほど切開し、例のプロテーゼ製のバックを埋め込んだ後、生理食塩本水を注人するという。つまり、あらかじめ胸に袋を詰めておき、風船を膨らます要領で大きくしようってわけだ。

ただ、生理食塩水法の場合、術後、毎日のように胸をマッサージしなければならない。面倒臭いことこの上ないが、ま、巨乳のためには仕方がないだろう。実際に手術を終えると、胸と鼻はすっかり元通りに。がやはり、胸のマッサージはシンドかった。特に術後は、肉と馴染んでいないため、モミモミの度に激痛が走る。痛みがましになるまで1カ月以上かかった。

3年後、またもやおっぱいに異変が起きた。なんとガチガチに固まってしまったのだ。お客には「固いね」と舌打ちされ、同僚からも「何か形、変だよ」と言われる始末。例のマッサージをサボッたのが原因のようだ。もちろん、そんな胸を放っておけるわけがない。店の先輩ヘルス嬢の勧め(彼女も整形経験者)で、治療も行っているという「B」に飛び込んだ。

「ああ、こりゃもっ完壁にダメになっちゃってますね」

医師によれば、生理食塩水のバッグを取り山し、シリコン製のものを埋め直すしかないと言う。

「ちょっとこれを触ってみてください」

実物のシリコン製バックを手に取ってみると、プョプョして気持ちいい。水飴のように柔らかいスライムといった感じか。これなら確かにエッチにも差し支えないだろう。「シリコンはcc単位から選べるけど、あなただと両方の胸で440ccぐらいがベストなんじゃないかな」

440ccという量がどれほどの大きさを意味するかはわからなかったものの、細川ふみえなどが人気を博した、いわゆる「巨乳ブーム」のころ。どうせならと、私はこんな注文をつけた。「90センチになりたい」「えー」「…ムリですか」
「あんまり胸が重いと体に負担がかかるし、固くなる可能性も高いんだよね。それにキミの体には不自然だよ。85センチにしておきなさい」

かなりの数の整形外科を渡り歩いたが、ダメ出しを食らったのは初めて。客の身を案じていればこそのことばに違いない。この整形外科は買いだろう。

★未だに85センチのDカップバストを維持できていることからして、あの医師の判断は正しかったと思う。中には良心的な整形外科もあるということだ。もっとも、整形して良かったことと言えば、モデル・レースクィーンの高級ホテトルで働けることぐらい(現在、新宿のホテトルで客をとっている)。劇的に人生が変わるわけじゃないのだ。最近、業者のドライバーに「お前、ほっぺたがたれてるよ」と言われた。そうか、それならいっちょ脂肪吸引でもするべ。もしかすると私の整形ライフは死ぬまで続くのかもしれない。