会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

痴漢で逮捕された人間に学ぶ被害に遭わない対策法

30年もこの世界にいると、見た目だけで痴漢かどうかわかるようになる。
まず、なにより一番わかりやすいのが場所だ。痴漢の9割はどの電車であれ「進行方向先頭車両」にいるものである。
ホームにいる時点で怪しい奴はすぐにわかる。通常、電車が到着するまではホームで列をつくって並ぶわけだが、並ばずにホームの中央でケータイをいじっていたり、柱にもたれかかっていたりしているのはまず間違いなく痴漢だ。言うまでもなく、電車が来てから最適なポジションを探るためである。 
服装にも特徴がある。サラリーマンの痴漢を除き、大抵が身動きの取りやすい肩がけの小さなバッグを持っている。これは両手が自由になることに加え、いざというときに全力で走って逃げ出せるためだ。
また痴漢と言えば、一見オヤジが多そうなイメージを抱きがちだが、常連の顔ぶれは
20〜60代とさまざま。ギャル男風の者もいれば、屈強な体つきをした黒人もいる。先入観は禁物だ。電車がホームに到着すると、痴漢たちは過剰に周囲をキョロキョロしながら並び始める。ターゲットを定めてから電車に乗り込むためだ。女性客はこうした男
たちに飲み込まれるようにして電車に「食われて」行く。この様子を私たちは「ピラニア」と呼んでいる。
よくターゲットにされるのは、普段はの路線に乗らない、たまたま混雑路線・車両に乗り込んでしまったようなOLである。 
ラニアの勢いは想像以上に凄まじい。これは、痴漢にもっとも勢いのあった2000年代前半のある夏の出来事だ。 
いつものように、18時すぎに某路線の先頭車両付近ホームでターゲットを物色していたところ、電車が到着してドアが開いたタイミングで、目の前をセーラー服を着た女子高生が通り過ぎていった。その瞬間。
周囲にいた男たちが、雪崩のようにドアの方向へ、いや、その女子高生目掛けてタックルをするかのごとく流れ込んでいったのである。あっという間に彼女は車両内に押されながらもみくちゃにされていった。もがくように彼女が、閉まりかけるドアの向こうにいる駅員に向かって叫んだ。
「すみません!私、この電車に乗りたいんじゃないんですけどー!」
聞きつけた駅員が急いで彼女を引っ張りだすようにして救出し、ことなきをえた。そう、ピラニアは本来その電車に乗り込む予定ではない女をも巻き込んでしまうのである。痴漢は具体的にどうなされるのか。一般的な例を知っておくのも、防御の一助となるだろう。
彼らはまず、女性の尻に手の甲をすっと当てる。電車の揺れのタイミングに合わせてその手を上下に動かすのである。まだこのレベルでは意図的かどうか相手には見分けがつかない。続いて、その手をひっくり返して手のひらを尻に当てる。このときの緊張感と、女性の生暖かい感触がもたらす高揚感。この中毒性に痴漢たちは侵されている。
手のひらでさすった時点で相手が動いたり逃げる素振りを見せなければ、攻めの勢いを強める。パンストの上から暖かい股間付近をさすってやり、中心部へ。湿り気を帯びた陰部をぐいぐいと中指と人差し指で押し付けてやると、まるで2人きりの空間がそこに広がっているような気分になる。仲間同士でいつも話したものだが、この時の我々というのは不思議な全能感を持っている。いま、自分は公共空間でとんでもない行為をしでかしているのに、まったくそんなことは気にならなくなるのだ。
ターゲットがパンストを履いていた場合、直接指を中まで忍び込ませるのは困難だが、パンツだけの場合は中に滑り込ませて指を動かす。ただし、ひと駅区間の平均5分間だと現実的にここまでいくのは難しい。指入れに到達するには、2駅以上移動してもなおターゲットとのポジションが変わらず、相手が逃げたり抵抗しない場合に限られる。
このような幸運が舞い降りたときは、本来降りる予定の駅を通過してターゲットにへばりつくことになる。電車が混雑している限り、ターゲットをずっと狙えるからだ。
私の場合、最長で20分強大学生風の白ワンピース女性に指入れを続けたことがある。そこまで抵抗がないのだから、「もしかして」と思い、彼女が降りた駅で話しかけてみたものの、無視されてしまった。こういう不思議なことは稀にある。
パンストを破って指入れを行う強者もいるが、私はやらなかった。いや、正確に言えば10年ほど前に一度だけある。その日ターゲットにされたのは、オタク風の服装をした20才前後の女性だった。スカートの中に手を入れ、パンストの上から陰部を撫でても微動だにせず下を向いている彼女。 
歴代上位とも言える無抵抗っぷりに勢いづいた私は、片手でパンストを破り、中まで指を侵入させた。たしかなヌメリを確認し、興奮しながらターゲットが降りた駅で話しかけようとしたところ、彼女の顔は泣きじゃくってボロボロになっていた。これにはさすがに心が痛んだ。以来、私はパンストを破くのを封印したのである。 
ところで痴漢は我々のように女性をターゲットにした者だけではない。忘れもしないのはいまから5年前の経験だ。その日乗り込んだのは19時台前半の埼京線、快速川越行き先頭車両。ドア前に並ぶ黒いスーツ姿のOLをターゲットに定めた私は、うまくドア付近で彼女の後ろにつくことに成功した。ドアがしまった瞬間、ほかの男たちが我先にと彼女の尻に手を伸ばす。同時に3人が尻を触っていただろうか。揺れを利用し、少しのけぞるような体勢で股間を押し付ける。そのとき背後から、あきらかに男性のものとわかる大きな手のひらが私の尻に密着してきた。後ろをチラ見し、目が合ったのは蛭子能収風の男。彼はホモの痴漢だったのだ。なんとか避けようと思うも、自ら進んで混雑した位置に陣取ってしまったため、身動きがまったく取れない。仕方なく、目の前のOLの尻を触ったまま動かずにいると、すぐさま私の股間に蛭子の手が伸びてきた。OLの尻と私の股間のあいだに指を忍び込ませ、ズボンの上から亀頭をさすってくる。
もはや、為す術はない。自らの興奮を優先して彼女の尻を触り続けた結果、ズボンまで染み出したガマン汁を、後ろの蛭子さんが指先で撫でるという地獄絵図が5分強続いたのである。
継続的に痴漢を働いたことのある者で、捕まったことのない者はいないと断言し
てよい。警察沙汰にはならなくとも、女性に腕をつかまれたり、駅事務室に連れて行かれたりといった事態は必ず訪れるものだ。 
車内で女性、あるいは近くの男性に腕をつかまれた状態は、通称「爆発」と呼ばれている。慣れた痴漢は、いったん身体の力を緩めて観念したかのような表情と仕草を見
せる。そして次の駅まで、この状態でとにかくじっと我慢するのだ。このとき、捕まえた者はすんなり犯人を駅事務室に引き渡せると思い安心するものだ。なのでドアが開いた瞬間、腕を振り切り、全速力で走る。既にあちら側が油断しきっているため、ほとんどの場合これで逃げられるのである。掴んだ相手が女性なら、なおいっそう容易だ。
そのまま階段を駆け下り、自動改札を抜けて一気に外に出る。我々の業界のなかには、このときのためにICカードには常に1万円以上のチャージをしておく者が多い。そう、自動改札の普及は痴漢業界にとって革命的な出来事だったのだ。以前は、駅員が立っている改札を抜ける必要があったため、追いかけられることがしばしばあったが、今やそんな心配は彼らにはない。
逃げる方法はもう一つある。痴漢仲間と車内にいる場合になされる「ヘルプ」だ。乗客やターゲットに腕を掴まれた際、まずは仲間に目線で合図を送りヘルプを要請する。
これに気づいた仲間が一般乗客のふりをし、ホームに降りたところで私の腕をぐいっと掴む。「一緒に事務室に行きましょう」と。
2人でやや早歩きで駅事務室に向かうフリをし、耳元での「イケ」という合図をうけた瞬間、全速力で走り去るのだ。こういう時のために、痴漢はみな自分がメインで活躍する路線の駅構造を完璧に把握している。たとえば、2つ改札がある駅の場合、駅員がいないほうの改札はどちらか、などだ。
ただこういったヘルプが行われることは例外的で、通常、痴漢は仲間とつるまない。それどころかお互いがライバル関係にある。ゆるいターゲットを巡ってタックルのような押し合いになる。体格のよい男がまず勝つので、弱々しいオヤジは仕方なく撤退だ。
互いに一歩も譲らない場合は女のスカートの中で激しい攻防戦になることもしばしばだ。手で撥ね除けたり、掴んだりすることも多い。なかにはターゲットをみすみす逃した報復として、駅員にライバルを突き出すこともあるほどだ。
逃げることができなかった場合、ベターな解決方法は被害者と1対1の示談である。ホームに降りてから、正直にこう言うのだ。
「ごめんなさい、本当にかわいすぎて触っちゃったんです」
これで許してくれる女性が今では1割ほどいるだろうか。かつては、こんな物言いで許してくれる女性などまずいなかったのだが。
これがうまくいかなかった場合には駅事務室に向かうことになる。原則的に、駅事務室に入った場合はアウトだ。すぐに警察を呼ばれるからだ。
だが、まだ策は残っている。警察が来るまでに女性に平謝りし、いま時間がないことと、ついつい触ってしまったことを申し訳なさそうに話すことで開放されることもある。 痴漢トラブルの場合、加害者だけでなく被害者もそれなりに時間が拘束されるため、駅員室でわざと「これって時間どれくらい取られますか?」と尋ねる痴漢
もいる。最低でも40分ほどはかかるという回答が返ってくると、被害者女性が「じ
ゃあ、もういいです」と言ってその場で示談となることも少なくないからだ。
最も不運なのは警察に連行された場合だ。その時点で逮捕・拘留が確定し、詳しく取り調べを受け、事件の日時や個人情報とともに「もう2度としません」という旨の反省文を書かされることになる。初犯で不起訴の場合、課される罰金は30〜50万円ほどだ。
なお、この反省文は記録として未来永劫残り、2度目以降、警察送りになった場合は、素直に過去に何度か犯したことを告げなければ扱いが重くなる。そして、こうした逮捕が何回か重なると、ついに「常習」ということで私のように実刑判決がくだされるのである。刑が下されないために、痴漢たちはとにかく示談に持ち込むことを考える。
「やっていない」と主張することより、あっさり「やった」と言って示談に持ち込ん
だほうが失うものが圧倒的に少ないことを知っているからだ。示談金は20〜50万円ほどだが、面倒な裁判を続けて実刑を喰らうよりは圧倒的にいい。なお痴漢の場合、経験を積むほどバレにくくなる、ということは決してない。むしろ、経験を積むほどより大胆な行動をするようになる者がほとんどだ。そのため、痴漢は続けるほど逮捕リスクは増
大する。今思えば、自分が人生を棒に振るあれだけの危険行為を30年も続けていたのが不思議でならない。
最後になるが、まず男性は私のようなよからぬことは考えないでいただきたい
し、女性は十分に警戒して電車に乗ってもらいたいと思う。