会話のタネ!雑学トリビア

裏モノJAPAN監修・会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

未許可風俗店やちょんの間などでなぜクレジットカードが使えるのか

繁華街の喫茶店で、クレジットカード端末を持ったオッサンが1人佇んでいることがあ
る。ときおりオッサンの携帯が鳴り、そそくさと外へ出ると、またすぐに戻ってくる。
実は彼、近くの飲食店やフーゾク店で、クレジットカード決裁を代行しているのだ。
順を追って説明しよう。まず、おっさんは自分のiPhoneに、あらかじめクレジットカード決済ソフト「Squareレジ」をインストールし、クレジットカードリーダー「Squareカードリーダー」を差している。これがあればいつでもどこでもカード決済ができる。
客がカード払いを希望したら、お店は喫茶店で待機するおっさんに電話する。おっさんがお店に到着したら、客はおっさんのカードリーダーで代金を決済する。手数料として15パーセント上乗せされるので、正規のプレイ代金が1万円だとしたら客は1万1500円をカード払いする計算だ。決済が済んだら、おっさんはお店に1万円を支払い、5営業日後に信販会社からおっさんの口座に、1万1500円から手数料3.25パーセントが引かれたおよそ1万1100円が振り込まれる。つまりおっさんはこの取り引きだけで1100円儲かったことになる。このようにしてクレカ決裁を代行して小遣いを稼ぐ人間は、全国の繁華街に待機していて、未許可風俗店やちょんの間などと代行契約をかわしている。