会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

行列の出来る人気店の近くの人気のない店の店主はどんな気持ちなのだろうか?

テレビや雑誌などで、『人気ラーメン店の行列』やら『あの有名シェフのパン屋に長蛇の列が』みたいな特集をよく見る。そこで思う。行列ができるほどの人気店のそばにある、人気のない店の店主はどんな気持ちなのだろうか。今年の初頭にできた超人気ラーメン店のそばに、ほとんど客のいない同業店がある。
平日のお昼、店前に行ってみれば、たしかに店内に客はいない。気難しそうな顔の店主がカウンター内でヒマそうに立っているのみだ。それではお伺いしましょう。ああ、そこにラーメン屋あるね。まあ人気あるみたいだわ。うーん。どう思うかって? まあ、内心穏やかじゃないわなぁ。いや、ウチに客が来ないことに対してじゃないの。そういうコッテリしすぎた濃い味ばっかり求める客が多いっていうことを、ヤバイなって思ってるね。ウチみたいにあっさりした伝統的な醤油ラーメンこそ東京人は食うべきなのにね。やれ油のカタマリが入ってるとかさ、ニンニクがどうかとか。そんなの体に良いワケないじゃない。たしかにあの店ができて客は減ったよ?でも別に。そういう事実があるだけ。悔しいとかじゃなくてあきれてるだけ。
こちらのウリは昔ながらのあっさり中華そばらしい。言わんとすることはわかるが、さすがに客の好みがオカシイと言うのは強がりとしか思えない。こちらのお店、駅からほど近く、大通り沿いという好立地にもかかわらず、お昼時であっても客が1人しかいない。100メートルほど離れたラーメン店には数人の行列ができているのにもかかわらずだ。さぞかし恨みを持ってると思われる。はいはい、え? あの店についてどう思ってるか? どうって言われてもねぇ。はっきり言って悔しいかな。アハハ。
ウチのほうがずいぶん前からここでやってるんですよ。それでけっこうね、まあ今も通ってくれてる常連さんいるけども、前はもっとお客さんも多かったんです。だけどあちらのお店ができてからね、正直言ってずいぶん減っちゃって。アハハ。まあ人気商売ですから、悔しいけど完敗ですよ。だって私こっそり食べに行きましたもん。美味しかったですよ。そりゃあお客さん入るだろうなって味出してますね。ウチのラーメンも当然自信を持って出してますけど。まあ若い人はああいうのがいいんでしょう。だけどウチは、まあ、好きな人が通ってくれればいいんでね。幸いまだ来てくれる人はいますから。いわゆるその地元密着店みたいにやっていけたらいいなと思ってるんです。
客足だけでなく実際にライバル店に足を運んだうえで完敗と認めるその姿勢は素晴らしい。だけど「若い人は〜」のあたりから察するに、心の奥底では納得していない様子だ。JR大宮駅の外れに古くから営業するビデオボックスがある。以前はあたりにココだけだったのが、数年前に大手チェーン店が2つ進出してきて、今ではほとんど客がいない有様だ。ひっそり営業する店で、60代とおぼしき店主がせっせとDVDを陳列していた。あのねぇ、チェーン店なんか行くヤツは馬鹿なんだよ。そんなにどこでも観れるような作品を観たいかってこと。それだったらレンタル屋で借りて家で観ればいいだろ。オレの店みたいに趣味趣向をはっきり打ち出すのが、試写室(ビデボ)としての本来の姿なんだ。SMならこれ(棚からひとつの作品を取り出して)とかね。こんななの普通の試写室には置いてないからな。こういうお宝に気づかねーのは馬鹿なんだよ。
(探偵の「でも実際店に入らないと作品ラインナップはわからないですよね?」の問いに)そうだよ。入らなきゃわかんねーよ。だけど入ればわかるんだから。それで何十年と通ってるセンスのいい客がいるんだからな。そういうのは嗅覚だから。いい作品がありそうだっていう嗅覚が育ってない客なんかウチに来なくていいんだよ。嗅覚やセンスが求められるビデボか。うーん。取材している間、そんな立派な客は一人も来なかった。店主のもくろみは功を奏していないようだ。街のパン屋さんといった風情の店のすぐ近くに、洒落た外装の「釜焼きパンの店」なる行列パン屋がある。ちょっとセレブみたいな雰囲気を出した主婦連中が殺到している様子だ。閑古鳥店のほうはご夫婦らしき店員が二人だけ。寂しい限りだ。え?ああ、あそこかぁ。うん、へえ。うんうん。いや私どもはね、あそこはパン屋さんっていう認識ではなかったんですよ。だって豪勢なピザとかあるんでしょ?中で食べられるスペースもあるじゃない?ちょっとウチとは業種が違うっていう認識ですよね。ウチは昔ながらの普通のパン屋ですから。あの店ができてから客が減ったかって? ああ、どうなんだろ。なあ、どうかな?(隣の奥さんに聞く)減ったかもしれないけど気にならないですね。やっぱり違うモノとして捉えてるからね。ウチとは違う業態のお店。お客さんが減ったとしても、理由は別なんじゃないかねえ。まあ、お互いがんばりましょうってことで。これは驚いた。あっちの人気店をパン屋と認識していないとは。苦しい言い訳といえよう。最後の「お互いがんばりましょう」ってのもよくわからないし。もう少し素直になったほうがよろしいのでは。 最後もラーメン屋だ。
いまや東京一とも言われるほどの行列ができる超人気店のすぐ近くにある閑古鳥店は、いつ通りかかっても客の姿が見えない。店主がポツンと備え付けのテレビを観てる光景もいつもながらだ。
らっしゃい。…あ? バカにしてんのか?あの畜生の店よりウチがマズイって言いてえのか?味は負けてねえんだ。アイツの店がなんだかしらねーけど雑誌とかテレビとか、そういうのに上手に出てるから、あんなに並んでんだろ。純粋なラーメン勝負だったらウチが負けるわけねーんだから。というかね、迷惑なんだよ。あの畜生の店のせいでよ、道路のクルマが通れなかったり、タバコを捨てられたりよ。で、バカみたいに並んで一杯だけラーメン食って帰るんだから。あの畜生の店も、客も、どいつもコイツもバカばっかりだよ。見る目がねえっつーかよ。客が並んでるから旨えんじゃねーんだから。雑誌で取り上げられたから旨えんじゃねーんだから。そういうこと。強烈な言い回しだ。あの畜生って、店主に何かされたのか?そこまで言うならとラーメンをいただいたが、いい意味でも悪い意味でも、ごく普通の一杯というしかない味だった。