会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

事故物件の見分け方・探し方・多発地域

事故物件に明確な定義はありませんが、建物内で自殺や他殺、事故死など人の死亡にかかわる事件があった場合で心理的瑕疵物件とも言われます。また大雨による床下・床上浸水があった建物、雨漏り被害のある建物、地盤や土壌に問題のある敷地も事故物件とする場合もありますがここでは心理的瑕疵物件を事故物件として見分け方をお伝えします。

隠れているだけで、数多くあるといわれる事故物件、もちろん住みたくはありません。事故物件の見分け方はどこをチェックすればよいでしょうか?またどの地域に多いのでしょうか?

・マンションやアパートな名前を替えている
事件に見舞われて認識されてしまったことを風化させるために、建物の名前を替えている場合が考えられます。テレビ等で大きく報道された物件の場合は、物件の色を塗り替えていることも見受けられます。

・家賃が周辺の相場より圧倒的に安い
その部屋に住むのにそれなりの難があって、借り手がつかなければ、家賃は安く調節されます。その街の相場よりハッキリと安い場合は、事故物件だということも確率が高くなります。

・部屋の一部だけ、一部屋だけリフォームがされている
あまり考えられませんが床だけが新しいフローリングになっている場合は遺体の体液が床に染みこんでしまったため、またバスルームだけが最新設備になっている場合は火災があって焼けたためなど、事件や事故による痕跡を消すため、一部のみを改装することも。また、同じ建物の他の部屋は古いままなのに、その部屋だけリフォームされている場合は怪しいです。大家側はあまり金額をかけたくないため、その部屋の一部分だけを改修することもあるのだ。電気スイッチがドアから少し遠い位置にあり、不自然な構造になっていたり部屋が不自然な時は要チェックだ。

では全国の事故物件の多発地域はどのあたりでしょうか?

・渋谷円山町一帯都内を代表するラブホテル街。
意外と殺人事件は多くない印象だが、にもかかわらず自殺や事故死など様々な死因がこの地域の特徴である。


・池袋周辺東京屈指の繁華街、池袋駅周辺から大塚迄の周辺地域。
よく知られた水商売からみでの惨殺な殺人や自殺の多発地域と言える。
驚きだったのは池袋をシンボライズする商業ビル「サンシャイン60」の自殺事故の多さである。


・六本木周辺港区屈指の犯罪地域。
残念なことですが暴力団による殺人や保護責任者死体遺棄など言ってしまえば土地柄を表す事件が多いと言える。成功者が住める象徴的な街である一方、当然のことながら物件の選択も難しい街もあるかもしれない。


 ・錦糸町周辺地域この地域の特徴は犯罪が地域広域で起きている事といえよう。最近ではあまり知られていませんが中国人や韓国人の移住も多く、様々な場所で暴力事件などが起きている。

・新宿歌舞伎町から大久保さすが新宿歌舞伎町である。
驚いたことに地図を見ると地域一帯炎上だらけである。しかし殺人事件は意外に少ないようだが、恐らく自殺扱いにされているケースも多くありそうなので、やはり日本有数の危険地域であると言えよう。


 ・大阪府大阪市西成区一帯
大阪の西成と言えば日本のスラム代表とも言える地域である。正しく言うと街の一部では開発が進み、かつての暗いイメージを払拭してきているが、それによって貧富の差が顕著に混ざり合う地域と言える。


・愛知県名古屋市中区周辺
こちらも全国的な繁華街であり、多かれ少なかれ凶悪犯罪の多発地域、愛知県名古屋市中区である。栄を中心に暴力団がらみの事件から、遺憾ながら自殺など多くの事故物件が揃っていると言えよう。


・福岡県福岡市中央区
一般論として暴力団の多さや凶悪犯罪で全国的にも有名な福岡県福岡市もランクインしてます。都内にも匹敵するくらい密集した事故物件の数である。
 
 実際に事故物件現場などで、心霊体験をされたことはあるのだろうか?
これはあまり住んでみてもないようだ