会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

ギャンブル運の強い女性とパチンコ行ったら勝てるか?

「ちょっと、パチンコやってみよっか?」
「え?」
「競馬も負けちゃったし、補填っつーか」 
惚れた弱みというやつか、彼女は黙ってついてきた。さて、先ほどの競馬には一点だけ
反省すべきことがある。彼女自身のカネを使わせていないことだ。仮に勝っても、利を得るのはオレひとり。これでは神様も微笑まないだろう。しかしだからといって、彼女が自腹でカネを突っ込んでそのまま確変を引いたところで、オレにはなんのウマ味もない。なので次は、神様をダマす。
直前の直前まで、吉田がカネを使うと見せかけるのだ。彼女が千円札を突っ込んで玉がジャラジャラ出てきたら、その瞬間、オレが台を奪い取る。確変ボタンを押してしまった神様も、もはや後戻りできないってわけだ。
「吉田も打ってみなよ」
「えー、お金ないし」
「いいじゃん。少しくらい」
「え〜、私、見てますよ」
千円くらいオレが出してやるよ!と言ってしまっては元も子もない。説得を続けねば。
「負けても千円だしさ」
「千円かぁ」
「ライターの勉強だと思えばいいじゃん」
「…じゃあ、ちょっとだけやってみようかな」
よし。じゃあさっさと台を選びなさい。彼女がシマを歩く。左を見て、右を見て、前を見て。と思ったら、台上の液晶画面まで見てやがる。
「これって何なんですか?」
ノーノー!そういうのを考慮したら神様が怒る!テキトーなカンで台を選べ!
「その数字は参考にならんよ」
「そうなんですか?じゃあココで」
何もわからぬ吉田に千円札の投入口を教えてやる。
「今度、そこ押して」
「これですか」
玉が出てきた。
「ちょっと待った!」
「え?」
「やっぱりそれオレが打つわ」
彼女を強引に席から引きはがす。悪く思わないでくれよ。千円ではリーチすら一度もかからなかった。さすがにそこまでのラッキーは用意されていないのか。なので、ビギナーでも使うであろう金額、5千円まで自腹で追加投入することに。すべて溶けきるのに
30分もかからなかった。