会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

放火するためにレンタルビデオ店を立ち上げ保険金をダマし取った男に天罰

知人のチンピラを使って店の不良在庫品をごっそりと盗ませ、保険金をちょろまかしていたのだ。一度に手にする額は数百万。最初のうちはそれで満足していたものの、やがて夢想するようになった。もっと大金を、それこそ数千万単位の金をパクるにはどうしたらいいのか。単純に頭に浮かんだのは火災保険だ。自分のゲームショップに火を放てば、がっぽりと金が入るのでは。しかしもし上手くいったとしても、店が焼失してしまえば今後の生活がなりたたなくなる。ダメダメ、却下だ。
思い悩むことしばし、斬新なアイディアが頭に降ってきた。いっそのこと放火用に新たな店舗を作るってのはどうだろう。これなら保険金をダマし取った後でも、今のゲー
ムショップは営業できる。では、新店舗の業種はどうすべきか。ゲームショップなら勝手がわかるだけに立ち上げも楽チンだが、放火を前提に考えるとナシな気がする。ゲームソフトなんていかにも燃えにくそうだ。となると、本屋あたりがベストか。紙ならじゃんじゃん燃えそうだし。いや、やっぱり難しい。書店を一から始めるノウハウも、教えてくれるツテもない。あきらめよう。燃えやすい商品を扱い、なおかつ俺でも簡単にはじめられる商売。あれこれ考えた末、最終的に辿り着いたのは、ビデオのレンタルショップだ。
平成11年当時、まだレンタルの主流だったVHSテープは(DVDへの移行が全国的
にはじまったのはその翌年あたりから)、テープ部分が紙よりも燃えやすい。条件にピッタリだ。また、レンタルショップは、準備がラクという条件も満たしている。付き合いのあるゲームソフトの卸業者がレンタルビデオの卸しも兼ねているのだ。念のため、その業者に質問してみたところ、レンタルビデオ仕入れ値は、新品の場合で1本3千円だが、同じ作品の中古ならたった十分の一の値段で購入できるという。てことは、店に並べるビデオの大半を中古で揃え、それを新品であるかのように仕入れ明細を改ざんしておけば…。業者の話では、1万本以上のビデオを取りそろえている店はザラにあるそうなので、仮に俺の店でも1万本用意した場合、実際の仕入れ値は300万なのに、保険会社から支払われるのは3千万。わお。
何だかイケそうな気がしてきたぞ。
他人に迷惑だけはかけたくない
腹が決まれば、お次は店舗探しだ。貸し物件を選ぶ条件として、次の4つを念頭に置いた。
1・周囲に建物がない
2・木造の平屋
3・過去、不審火が
4・夜間、周囲の人通りが減る
まず1を挙げたのは放火の際、犠牲者を出したくなかったからである。いくら悪人とはいえ、他人に迷惑をかけたくない気持ちくらいはある。保険会社は別としても。逃げ遅れた家人が焼死するなどといった事態は絶対に避けたい。 

2は、鉄筋よりも燃えやすいから。さらに平屋にこだわるのは、先ほどの1と同じ理由だ。2階以上の建物だと、関係のない人まで巻き添えを食うかもしれない。
3と4は、早い話、放火のの疑いが俺におよぶ可能性を少しでも減らすのが目的だ。いかにも第三者による犯行と思わせねば。
以上の条件で不動産屋をかたっぱしから回ったところ、ようやく1軒、よさげなものが見つかった。郊外の国道沿いにポツンと建つ貸し店舗で、造りが鉄筋であることをのぞけば、残りの条件をすべて満たしている。木造でない点については多少の不安はあったものの、一番大事なのは店内のビデオをすべて焼失させることだ。大丈夫だろう、多分。かくして俺は、開店にむけての準備をはじめた。機材やビデオの購入(結局、1万2千本仕入れた)、内装工事、スタッフ募集などなど。もちろん、火災保険にばっちり加入し、その年の夏、ついにビデオ店は営業を開始する。
真っ赤な炎がごうごうと吹き出し
どうせ燃えてしまう運命でありながら、皮肉にも店の売り上げは順調だった。このまま続けていこうかと少し迷ったりもしたが、それでは当初の目的から外れる。予定どお
り、半年後の12月7日深夜、放火を決行することにした。実行役は、これまでの保険金サギで使っていた知人のチンピラに任せ、行きつけの飲み屋へ。アリバイ作りのためだ。首尾は上々だった。深夜3時ごろ、ビデオ店の店長から悲鳴のような電話があった。「大変です。店が火事に!」
現場へ駆けつけてみると、店の窓や出入り口から真っ赤な炎がごうごうと吹き出している。確実に店内のビデオは灰になっている。周到な準備のおかげで、警察や保険会社からはいっさい疑われることなく1カ月後、俺の口座に6千万の保険金が振り込まれた。そこから店の開店準備にかかった費用、実行役への報酬などを差し引くと、およそ3千万が手元に残ったことになる。
逮捕されたのは、それから2年後の平成13年11月のことだ。詳しい経緯は省くが、つまりは実行役のチンピラが俺を警察に売ったのである。ああ、こんなつまらない結末が待っていたなんて。そして懲役8年の刑を務め上げ、ようやくシャバに戻った。すべてを失った今、いまさらのように思う。こんなこと、絶対すべきじゃない。