会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

使い捨てコンタクトレンズと電気シェーバーに関するちょっとお得な話

こちらは悪用厳禁で読み物としてお楽しみください
 一つ目は、コンタクトレンズをお得に手に入れる方法です。最近、町のコンタクトレンズ屋で2週間使い捨てレンズを買ったところ、不良品に当たりました。「Johnson &
Johnson」製の一箱6個入り(2400円)の商品なんですが、一つが破れていたのです。箱に記載されていたメーカーの問い合わせ先に電話してみると、
「申し訳ございません。商品に書かれている型番を教えて頂けないでしょうか?」
 どんなふうに破れていたかなどを聞かれた後、代替え品の送付を提案されました。
「同じ商品を一箱お送らさせて頂きます」
 一個ではなく一箱、つまり6個くれるそうです。一般的なクレーム対応でよく言われ
るような、手元の不良品は送り返してほしいみたいな面倒な要求もされませんでした。
 そこでピンときました。
 これ、仮にぼくがウソをついて「1つ破れてたんですけど」と申告していても同じ対
応だったでしょう。てことは、やろうと思えば、誰でも一箱の代金で2箱ゲットできるのでは。もちろん、二度三度と繰り返せば怪しまれるため、そうそう使えるものではないですが、ちょっと面白い話ではないでしょうか。では二つ目。みなさんは、通販サイト「アマゾン」の返品システムをご存じでしょうか? 
 返金は、「現金」ではなく、
「アマゾンギフト券」(アマゾンでの買い物専用金券)で行われるのですが、開封していても返品を受け付けてくれるので、よく悪用されています。例えばこんな感じで。
・CDを購入し、データをパソコンにコピーした後、返品。
・キーボードを3種類購入し、どれが一番触り心地がいいか選んだ後、2台を返品。
・高級スーツを購入し、結婚式で一日だけ使った後、返品。
 最近、ぼくはこれに目を付けてかなり大胆なことをやらかしました。
 同じメーカーの電気シェーバーは、高級モデルと廉価モデルの見た目が似ていること
がよくあります。ヘッド部分のデザインがちょっと違うだけとかで、ぱっと見はだいたい一緒です。そこで、「日立」製シェーバーに目をつけ、アマゾンで1万5千円モデルを、町の電気屋で2500円モデルを購入しました。そして高級モデルの箱に、廉価モデルの商品
を入れて、アマゾンに返品したのです。何か指摘されたら「入れ間違えました」とごまかすつもりでしたが、期待どおり普通に返品を受け付けてもらえたんです。アマゾンの返品審査ってどんだけ甘いんだか。
 というわけで、1万5千円の高級シェーバーを2500円で入手することができました。けっこうイイ話ではないでしょうか。