会話のタネ!雑学トリビア

会話のネタに雑学や豆知識や無駄な知識を集めました

水が有料のお好み焼き屋の理由

たまに外食なんかをする時は、ネットでぐるなびだの食べログだのいうグルメサイトを見て所を捜すことが多くなりました。今いる場所から一番近いラーメン屋とかがすぐに分かって便利なこの手のサイトには口コミなるものがあり、客の感想がそのまま掲載されています。大概どれも「隠れた名店です」とか.「仕事の彼れを忘れさせてくれます」とかまぬけなグルメ雑誌に影響されたようなことしか詩いていないのであまり参考になりません。我々が知りたいのは・女将がブスです…とか「客のパンチラが見えます。」とかそういう実用性のある口コミのはずです。
そんな中、とあるお好み焼き屋の口コミに偶が留まりました。6,7件ほどしか書き込まれていないのですが、簡単に言うとどれも「2度と行きません」という内容でした。修学旅行生の親と名乗る書き込みもあり「子供にまであんな仕打ち、あんまりです」などとあったものだから何があったんだと思わざるを得ません。さっそく店に急行しました。町の商店街のビルの3階にその店はありました。周辺は観光地でもあり、確かに修学旅行生や観光客が多いです。これまで取材した閑古鳥の店はどれも比較的寂れた町に件んでいたのですが、それに比べこの店の前はかなりの人通りの多さで好地と言えます。ビルの奥に進み、エレベータが開くと何故かいきなりエレベーター内にアサヒビールのポスターが6枚貼ってありました。このビルに飲食店はそのお好み焼き店のみなので、すぐにその店の仕業だと気付きました。すべてのポスターには小さく「生ビール650円』と手書きで書かれています。とりあえず3Fのボタンを押そうとすると、今度はボタンの上部にこれまた何故かその店のドリンクのメニューのみが貼ってあります。さらにもう一枚の紙には「ミネラルウォーター使ってるんで水は有料です」

飲食店、しかもお好み焼き屋の水が有料ってあんた、砂漠の真ん中じゃないのに。その水を注文。数分後、どの角度からどう見ても普通のグラスに入った水が運ばれてきました。修学旅行生の親が書いていたのはこれか。

お好み焼きもどうにか自分で特製イカ玉を作りましたが、材料が悪いのか作り方が悪いのか、案の定これまでに食べたことのない不味さでした。